プロミスのアプリローンの審査基準や返済方法を解説

プロミスのアプリローンはカードレスで借り入れ・返済ができたり、Webで契約を完了できたりと注目を集めているサービスです。

「プロミスのアプリローンの審査基準は厳しい?」
「カードローンより借りやすい?」
といった疑問をお持ちの方に向けて、プロミスのアプリローンに関して詳しくご説明します。

最短で融資を受ける方法やアプリのサービスなどお得な情報も併せてご説明しますので必見です。

プロミスのアプリローンとは?特徴を解説

プロミスのアプリローンとはスマートフォンで簡単に申込から借り入れまで完結できるサービスを指します。
お金が急に必要になった場合に、24時間いつでも、場所を問わずにお金が借りられるシステムです。

お手持ちのスマートフォンに無料のアプリをダウンロードし、「Web完結」で契約することで申し込みから借入・返済まですべての手続きをアプリで行えます。

プロミスのローンはカードを発行するタイプのローンでしたが、利便性を高めた新サービスとしてアプリローンが登場しました。

プロミスは最短1時間審査

プロミスのアプリローンは最短1時間で契約を完了させられる融資サービスです。

まずはアプリを開いてお申込みフォームに必要情報を入力します。
続いてスマートフォンで本人確認書類の写真を撮影し、アプリに写真をアップロードしてください。

申込みを完了させたら審査結果を待ちます。
最短1時間程度で審査結果の通知が来るので、契約完了でき次第すぐに借り入れできる流れです。

実際にプロミスの口コミを見ると、「審査スピードが早い」「手続きに時間がかからない」といった評判を集めています。

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

カードレスで便利に借入・返済ができる

プロミスのアプリローンはカードが手元になくても借り入れから返済まで完了できるカードレスです。

「カードが財布の中にたくさんあってかさばってしまう」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

プロミスのアプリローンはスマホさえあれば、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMを利用する場合でもお金を借りられます。

さらに返済もカードレスで行えるのでとても便利です。
自分の希望に合わせた返済回数や期日で、返済方法も選択できるので融通性に優れています。

借入をばれたくない人は郵送物なしでも借入可能

スマートフォン上で申込みを完了できるプロミスのアプリローンは郵送物なしでお金を借りれます。

自宅に郵送物が届かないため、家族や同居人に借り入れしているのがばれたくない人も安心です。

さらに、店舗に行く必要がないため「忙しくて店舗に行く時間がない」「郵送物でのやり取りが面倒」という人には嬉しいサービスになっています。

プロミスの借入はお得な特典付き!

プロミスのアプリローンのサービスを使うと、お得な特典を利用できるメリットがあります。
例えば「アプリdeクーポン!」はスマホ画面を見せるだけで、飲食店や衣料品店でクーポンを利用できるサービスです。

さらに、プロミスの会員限定の優待サービスも充実しており、国内・国外問わず20万カ所以上の施設で割引を利用できます。
水族館や遊園地などのレジャー施設、ホテルやレストランが最大80%オフの価格で利用できるので非常にお得です。

例えば「PIZZA-LA」や「磯丸水産」などのグルメ、「東京お台場 大江戸温泉物語」や「東京・湯河原温泉万葉の湯」などの日帰り温泉、「赤坂エクセルホテル東急」や「ホテルオークラ札幌」などの宿泊施設、「横浜・八景島シーパラダイス」や「スパリゾートハワイアンズ」などのレジャー施設でご使用いただけます。

プロミス会員のサービスページから優待サービスのページである「おとくらぶ」から割引メニューを探せるだけでなく、「詳細検索」でお好みのカテゴリに絞って、お得な情報の検索もできます。

初回借入時から30日間無利息サービス

初めてプロミスのアプリローンを利用する人は30日間無利息で借り入れ可能です。

通常借り入れ時にかかる利息を支払う必要がないため、大きな額が必要になった場合でもお得にお金を借りれます。

30日間を過ぎると通常通り利息が発生しますが、返済まで期間内に完了させれば無利息で融資を受けられるシステムです。

初めて借り入れを利用する人は無利息のサービスによって、心理的に借り入れに対してのハードルが下がるため、ローンを利用しやすくなるメリットが挙げれます。

さらにプロミスの金利は他の消費者金融と比較しても金利が低いです。
少しでも金利が低いローンを選ぶことで、お得に借り入れを行えます。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスのアプリローンの審査基準は?

プロミスのアプリローンの審査を通過するにはどのような条件が求められるでしょうか?

プロミスの審査基準は非公開であるためボーダーラインを明確にするのは不可能ですが、プロミスのような金融機関ではスコアリングと呼ばれる審査方法が用いられるのが一般的です。

申込者に返済する能力があるかどうかをスコアにして採点していきます。
点数が基準より低いと審査を通過できません。

スコアリングでは実際にどのような点が審査されていくのでしょうか?
審査基準のポイントを詳しくご紹介します。

安定した収入の有無

融資を受ける際に安定した収入があるかのポイントは重視されます。
さらに安定した収入の継続性もチェックされるので注意が必要です。

将来的に安定した収入を得る能力がないと判断された場合は審査に落ちる可能性があります。
例えば公務員である場合、リストラや倒産などの可能性が非常に低いためスコアリングの点数は高くなるのが一般的です。

一般企業に勤めている方も収入が途絶える可能性が低い場合は、安定した収入を得ていると判断されます。
審査に含まれる在籍確認を行う理由は安定した収入の有無を確認するためです。

総量規制に余裕があるかないか

借入総額を制限する制度である総量規制の対象でないかという点も審査基準に該当します。
総量規制は賃金行法によって定められた法律です。

どのような規制であるか簡単に言い換えると「貸金業者が貸し付けを行う際は、融資を受ける者の年収に対して3分の1の額を超えてはならない」ということになります。
総量規制が定められた目的は多重債務者の返済で困っている人に対する救済です。

例えば年収300万円の方で、貸金業者からの借り入れが100万円以上である場合、審査に通過できません。
審査に通過できないのは、この総量規制に反してしまうからです。
すでにある消費者金融から100万円以上借り入れを行っているのに、その他の消費者金融から借り入れできてしまうと、多重債務に苛まれる可能性が高まります。

消費者金融、信販会社、クレジット会社からの借り入れ金額が年収の3分の1以上になっていないか確認するようにしてください。
もし、総量規制の対象である場合は審査に通過できません。

信用情報があるかないか

信用情報に「事故情報」と一般的に呼ばれる記載がある場合、審査への通過が難しくなります。
事故情報とはブラックリストで、長い期間延滞したがある場合や強制解約を起こした場合に信用情報に記録が残るシステムです。

他にも返済ができなくなった場合に債権が弁済者に移行する代位弁済、自己破産などの債務整理に該当する場合はブラックリストに載る可能性があります。
プロミスなどの消費者金融はしっかりと返済能力のある人に融資を行うため、返済能力に問題があると判断された場合は契約を結ぶのを避けられてしまうのです。

以下で事故情報に該当するケースをまとめます。

・長期延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理

このような事故情報は信用情報に一定期間記録され、信用情報から消えるまでには5年から10年間ほどの期間を要するとされています。

各信用情報機関に開示請求をすることで事故情報が信用情報に掲載されているか確認することが可能です。
自分が事故情報に該当していないか申し込みをする前に確認するようにしてください。

プロミスのアプリローンで最短融資を受ける方法

「急にお金が必要になった」「手続きに時間がかけられない」という人に向けて、プロミスのアプリローンで最短融資を受ける方法をご紹介します。

プロミスのアプリローンでは申し込みから審査までスピーディーに行えるため、急ぎの方におすすめのローンです。

プロミスのアプリをダウンロード

まず、プロミスのアプリをお手持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。

続いてWeb-IDとパスワード、またはカード番号と暗証番号でログインします。
アプリローンの新規申し込みページを表示して、説明に沿って申し込みを進めていきましょう。

お申込みフォームは自動入力機能が付いているので、簡単に入力できます。
確認書類等もスマホで撮影して楽々アップロードできるシステムです。

プロミスのアプリでは申し込み、取り引き、クーポンなど様々な機能を利用できます。
アプリローン以外の機能も併せて確認しましょう。

必要書類をネットにアップロード

プロミスのアプリローンを申し込みする際に必要書類をアップロードする必要があります。
スムーズに契約を完了させるためには正しい書類をアップロードすることが大切です。

以下で必要書類の詳細を説明しますので、お手元に用意して申し込みの準備を行いましょう。

本人確認書類

本人確認ができる書類には以下が挙げられます。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証※1 +1点(住民票等)

※1 保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に何かしら記載がある方はマスキングして提出する必要があります。
※日本国籍以外の方は在留カードまたは特別永住者証明書を提出してください。

いずれの書類も有効期限内のものを用意しましょう。
期限が切れているものは正式な書類として処理されません。

また必要書類に記載されている住所が、現在住んでいる住所と異なる場合は、6ヶ月以内に発行された現住所の情報が分かる以下の書類のいずれかを併せて用意するようにしてください。

・電力会社、水道局など公共料金の領収書
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
・納税証明書、または国税、地方税の領収書
・社会保険料の領収書

提出書類に不備があると融資を受けるまでに時間を要する場合があるため、急ぎでお金が必要な人は正しく書類を用意するようにしましょう。

収入証明書

本人確認書類以外に「収入証明書」のアップロードが必要なケースがあります。
先述した総量規制の対象になっていないか確認するためです。

・プロミスで50万円以上の借り入れを行う場合
・他社との借り入れ総額が100万円を超える場合

上記に該当する方は以下の書類のうち、いずれか1点をアップロードしてください。

・源泉徴収書
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書
・給与明細書 (直近2カ月分+1年分の賞与明細)

給与関係の書類を用意するのに時間がかかる可能性があるため、事前に準備しておくとスムーズです。
収入に関する書類はいずれも最新のものを用意するようにしてください。

マイナンバーが収入証明書に記載されている場合は、その箇所を加工して見えないようにしてから提出しましょう。

最短で即日融資が可能

必要書類のアップロードが完了するとプロミス側の審査が開始されます。
審査にかかる時間は最短で30分前後です。

アカウントを作成する際に登録したメールアドレス、電話番号に審査結果の連絡が来ます。
審査には在籍確認もあることを留意しておきましょう。

在籍確認とは登録した勤務先に本人が実際に籍を置いているかの確認を指します。
「在籍確認を行うときに、会社に融資を受けている事実がバレてしまうのでは?」と心配している方もいますが、プロミスが会社に電話をかける際は非通知でプロミスの会社名を伏せて行うので心配をする必要がありません。

問題なく審査を通過したら契約方法の選択を行います。
契約方法は「Web」か「来店」の2種類です。

「Web」を選択した場合

Webを選択した場合はアプリ上で契約を進めていきます。
即日融資を希望する場合は店舗に行く手間を省くためにWebでの契約を選択しましょう。

契約方法を選択する際に利用明細の受け取り方法も併せて選択する必要がありますが、こちらもWebを選択すると郵送による複雑なやり取りを省けるのでおすすめです。

特に家族など同居している人に融資を受けていることをバラしたくない場合は、Webで契約を完結できるように選択を注意してください。

30日間無利息サービスを利用する場合はWebでの手続きを選択する必要があるため、来店にこだわりがない人はWebを選択することを推奨します。

「来店」を選択した場合

来店を選択した場合は「自動契約機」「プロミスの店舗」で契約を行います。
プロミスの公式ホームページからお近くの店舗・ATMを検索しましょう。

https://locations.promise.co.jp/search

来店によって手続きを行う際に、営業時間も同時に確認するようにしてください。

店頭窓口  10:00~18:00 (平日のみ)
自動契約機 9:00~21:00 (土日祝日も営業)
※店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報は  プロミス公式サイトをご確認いただけますようお願いいたします。

営業終了直前で申し込みを行うと、審査結果が翌日に持ち越されることがあるため注意が必要です。
最短での融資を希望する方は時間に余裕を持って契約を完了させるようにしてください。

プロミスのアプリローンの返済方法

プロミスのアプリローンで返済を行うにはどうすればいいのでしょうか?
アプリローンの返済には様々な方法があります。

以下、アプリローンの返済方法です。

・インターネット返済(約1100の金融機関で利用できます)
・口座振替
・全国の店頭窓口
・プロミスATM
・提携ATM
・コンビニエンスストアのマルチメディア端末
・銀行振込

返済計画を相談したいなどの要望がある場合は店頭窓口への訪問をおすすめします。
店舗やATMに行く手間を省きたい人はインターネットで返済を行うと良いでしょう。

アプリを使ってATMで24時間返済OK

プロミスのアプリローンはインターネット返済、コンビニエンスストアのマルチメディア端末を使用しての返済の場合、24時間返済を行えます。

スマホ1台手元にあれば時間や場所にとらわれず、現金の借入と返済を行えるので非常に便利です。

さらにカードレスで借り入れ・返済を行えて、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMでもアプリを使用して返済できます。

お近くのセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで操作を行っていきます。
ATM画面に表示される「スマートフォン出金・入金」を選択し、アプリを起動してカメラをかざし、QRコードを読み取って下さい。
スマホ画面に表示された企業番号をATMに直接入力し、確認ボタンを押し、返済額 (現金)を機械の中に入れます。
元金充当額、利息支払額、ATM利用手数料がある場合は表示されるので、確認して操作を終了しましょう。

インターネットから返済を希望する場合はアプリを起動し、「インターネット返済」を選択してください。
約1100の金融機関から振込手数料無料、さらに最短10秒で返済を行えます。

プロミスのアプリローンはカードローンより借りやすい?

「プロミスのアプリローンはWebで手続きを完了させることができるってことは審査基準が低いの?」と考えている方もいるのではないでしょうか?

プロミスのアプリローンやカードローンの審査基準について詳しくご紹介します。

審査基準が低くなることはない

プロミスのアプリローンはカードローンより審査基準が低くなることはありません。

Web上で契約を完了できますが、返済能力があるかどうか等を判断するスコアリングはアプリローン、カードローン共通で行われます。

審査基準もアプリローンだからなどの理由で低くなることはなく、アプリ、カードを問わず一定の審査基準が設けられています。

一方で、プロミスの審査難易度は銀行系カードローンと比較して決して高くないので、そこまで身構える必要はありません。
大手消費者金融の中でも審査の基準が低いとされています。

安定した収入がある方や、他の金融機関から借り入れを行っていない方は、審査を通過する可能性が充分にあるため、審査基準をクリアするためにしっかりと必要書類の準備を進めましょう。

在籍確認はしっかりと行われる

在籍確認の有無が気になる人は多く存在しますが、アプリローンの場合もカードローンと同様に在籍確認が行われます。

「会社に融資を受けていることがバレてしまうのでは?」と不安に感じる方もいますが、在籍確認は非通知、さらにプロミスの社名を伏せた担当者名で行われるので心配する必要がありません。
本人が会社にいない場合でも在籍確認は行われます。

在籍確認の流れは以下の通りです。

プロミス「〇〇 (担当者名)ですが、□□ (申込者名)はいらっしゃいますか?」

会社の社員「ただいま□□は席を外しております。」

プロミス「かしこまりました、ありがとうございます。」

非常にシンプルな流れで在籍確認はすぐに終わります。
会社に借り入れをしていることがバレる可能性は少ないですが、不安な方はプロミスコールで相談したり、事前に電話担当者に電話がかかってくる旨を伝えたりして対策してください。

在籍確認を行う時間帯は事前に指定できるので、自分で電話を取りたい方は電話がかかってくるタイミングは席にいるようにしましょう。