キーアセットの取り組み

キーアセットは4つの「取り組み」を
中心に活動をいたします

特に、なんらかの事情で実親や家族との生活の機会を失った子どもたちを中心に、活動をしてまいります。キーアセットは、その子どもと若者たちの人生に、ポジティブな変化と長期的な利益がもたらされるよう、里親養育の質の向上のお役に立つ組織となることをめざします。そのために、子どもと若者たちの養育に責任のある組織や個人の皆様と協働させていただけるよう、信頼される組織となるよう努めてまいります。


01

リクルートとアセスメント


地域のニーズに応じて、キーアセットは養育里親のリクルート活動を行います。ターゲットグループを絞った広報啓発や、メディアの活用、リーフレットの配布、そしてDVDの作成などを行いますが、“口コミ”によるリクルートも効果的な方法の一つです。リクルートに続く透明性の高いアセスメントは、キーアセットの特徴のひとつだと考えています。これは守秘義務を守らずにすべての情報を公開するという意味では勿論ありません。キーアセットが里親家庭に対してどのような評価をしているのか、それを里親家庭に示すことが、信頼関係を築くために重要だと考えています。
このアセスメントによって、キーアセットが里親家庭をどのように評価しているのかということを、児童相談所だけでなく里親家庭も理解することができます。この透明性は、里親家庭と児童相談所の間という難しい立場にあっても、里親との信頼関係を築く助けとなっています。


02

理解を深めるトレーニング(ワークショップ)


キーアセットでは、研修を“学び”としてだけでなくアセスメントの機会としています。研修のプログラムは、キーアセット独自の『養育への旅』というテキストを基にしています。これは他の事務所で研修を行う時にも使う共通のテキストです。
キーアセットでは、研修を“学び”の機会としてだけでなくアセスメントの機会としても利用しており、テキストもそれにあうように作られています。具体的には、ワークショップのなかで参加者(里親候補者)が必ず意見を述べるようにデザインされているため、その里親候補者が養育に対してどのような考えをもっているのかを理解することができます。また、他の里親候補者の意見に耳を傾ける様子や、里親候補者自身が相手の意見をどの程度受け入れられるのかといった柔軟性もワークショップの中で確認することができるようになっています。また、トレーナー(キーアセット)が里親候補者に養育者としてどのようなことを期待しているのかを発信する機会ともなるため、一方的なアセスメントとならず、相互理解の重要な機会にもなっています。


03

強みに基づいた関わり


里親さんには子どもの強みに基づいて養育してほしい。だから、キーアセットも里親さんの強みに基づいて関わらなければいけないと考えています。同じように、児童相談所や施設との関係も強みに基づいてつくられるべきです。それは、欠点や弱みは、目をつぶるのでも非難するのでもなく、寧ろ、補い支援するものだからです。先ずキーアセットから相手の強みを理解して関わりをもつことで、里親家庭をはじめ、関係機関との信頼関係構築のスタートを切ることができると考えています。


04

訪問支援


里親家庭への訪問支援は、受託している事業内容、児童相談所からの依頼、または里親家庭からの相談により実施しています。
家庭訪問は、状況が許す限り“問題”やネガティブな情報を探したり報告させたりすることを目的とせず、職員は可能な限り、前回の訪問から里親家庭において子どもがどのようにポジティブな変化を見せるようになったのか、その変化を里親家庭の強みがどのように引き出したのかといった情報を得るように努めています。